カテゴリ:
オッサンのホンネ/ 未分類

オッサンのホンネ Vol.10『嫌ごと言わずは共犯者』

2013/07/03
オッサンのホンネ Vol.10『嫌ごと言わずは共犯者』


嫌ごと言わずは共犯者

指摘は最大の自己防衛

 

嫌ごとをいうのは誰でも嫌。

注意したら『何?あの人えらそうに!』なんて取られることも多い。しかし指摘はしないのになぜ影で悪口はいうのだろうか?言える口があるのならその口を仕事の意見をいうところで発揮するべきだと思う。

そ の人に文句があるということは、自分の自己中心的な意見以外は、その人は自分の仕事に支障があるということです。もし本当に自分が仕事に責任がある人は、 自分の仕事をよくしていこうと思う人は自分のために注意するのが普通です。そうしないと仕事が進まない上に、自分にいつかそのツケが来ることになる。

そして注意、指摘しないということは、そこまで責任を感じていないということ。つまり仕事に真剣に取り組んでいないのと一緒です。そんなことない!と思うか もしれませんが会社にとって、嫌ごとをいうのが嫌な人は出世させるつもりはない。なぜなら会社の発展に反しているのと同じ。

指摘と文句の違いは大人ならわかると思う。指摘をすることを大切にしてほしい。

関連記事:

    関連する記事は見つかりませんでした。








  • TOP